読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福澤テクノロジー

おっさんプログラマーが、主に技術的な話をするブログ。

赤外線送受信実験

beaglebone

beaglebone black に、赤外線発信機 Grove WLS12148P と 赤外線受信機 Grove WLS12136P をつなげて赤外線送受信の実験中。

発信は、GPIBに接続して、Cloud9 IDE 上で簡単なスクリプトを組んでみたらあっさり動いた。
動作確認は、発信機のLEDをデジカメで見ればわかる。
デジカメのCCDは赤外線を映すのだ。(このせいか、LEDの電飾をデジカメで写すと色がまったく違って見える場合がある。)
(但し、iPhoneのカメラは赤外線に反応しなかった。)

受信の方で苦労。
どうにもデジタルで反応してくれない。発信の方は動作確認済みなので、そのLEDを点滅するように制御し、受信部に向けてみるのだが反応しない。
アナログに入れてみても駄目。

LEDではなく、テレビのリモコンを向けてみたら、アナログで反応あり。
デジタルではダメなのか?とさらに実験してみると、電源電圧を3.3Vでなく5Vにするとうまくいく事がわかった。3.3Vでも動作すると書いてあるんだけどなあ。

しかし、LEDを向けても反応していなかったのはなぜか?
さらに実験すると、1cm程度の距離で直接受光部に向けると反応することがわかった。
つまり、LEDが暗すぎたという事か! 対応距離は10mと書いてあるんだが。
発信機の電圧を3.3Vにしても5Vにしても、反応はにぶかった。これでは多分10mどころか10cmも届かないだろうな…。
どうしよう。

まとめ
  • 赤外線受信機 WLS12136P の電源電圧は5Vにする。
  • 赤外線発信機 WLS12148P は不良品または使い方を間違っているので、何とかしなければ。