福澤テクノロジー

おっさんプログラマーが、主に技術的な話をするブログ。

GMailの迷惑メールに分類されてしまった必要なメールを検出しやすくする方法

GMailは迷惑メールフィルタが優秀なので、契約しているプロバイダのメールも全てGMailに転送してメールは全てGMailで読んでいる人も多いかと思います。
しかしフィルタは100%完璧な訳ではないので、たまに迷惑メールが受信トレイに紛れ込む事もあります。
それだけならいいのですが、普通のメールがたまに迷惑メールと判断されてしまう事があります。
とても重要な国連からのメールが迷惑メールに仕分けされてた!なんて事も実際あるのです!
和尚の2012を振り返る。【国連からのメールは迷惑メールフォルダに!】 | Ninebonz - その和尚IT系

とはいえ、迷惑メールフォルダをいちいちチェックするのも大変。
そこで、迷惑メールに分類されても、普通のメールの可能性のあるものは浮かび上がって見えてくる仕組みを考えました。
f:id:FukuzawaTadashi:20130801024735j:plain
ほぼ確実に迷惑メールと判断出来るものを既読にしてやれば、残ったメールは普通のメールの可能性があります。
迷惑メールフォルダに未読がある時にだけチェックしに行けば良いので、とても楽チンです。
f:id:FukuzawaTadashi:20130801151048p:plain

以下、そのやり方を説明します。

まず、GMailの迷惑メールをよく観察し、特徴をつかみます。
メールアドレスが決まっていたり、文章に特徴があったり、URLに特徴があったりします。
ただ、敵もさるもの、アドレスなどはころころ変えてくる事が多いです。そういった部分に注意しつつ、特徴をつかみましょう。

特徴が見えたら、迷惑メールフォルダを開き、画面上部の「検索オプションを表示」をクリックします。
f:id:FukuzawaTadashi:20130801184855p:plain


検索が「迷惑メール」内であることを確認の上、特徴を入力します。
f:id:FukuzawaTadashi:20130801184856p:plain
ここでは、メール本文の中の文字列に特徴があったので、その文字列を「含む」の箇所に記入しました。
そしてこの条件で検索してみて下さい。((1)の虫メガネボタンを押します。)
期待通りに迷惑メールが検索出来ていればOKです。
f:id:FukuzawaTadashi:20130801184857p:plain
うまく検索できない場合は条件を変えて色々試してみましょう。

検索条件が整ったら、再び「検索オプションを表示」の部分をクリックし、今度は(2)の「この検索条件でフィルタを作成」をクリックします。
確認ダイアログが出ます。
f:id:FukuzawaTadashi:20130801184859p:plain
OKをクリックして先に進みましょう。

f:id:FukuzawaTadashi:20130801184858p:plain
既読にする」にチェックをします。「一致する○件のスレッドにもフィルタを適用する」にもチェックを入れておくと良いでしょう。
一番上の検索条件の中に、「label:spam」が入っていることを確認しておいて下さい。さもないと、受信トレイに届いたメールが読んでいないのに既読になってしまう可能性もあります。
最後に「フィルタを作成」ボタンをクリックします。

これで設定は完了です。
このフィルタにかかった迷惑メールは今後届いたとしても既読になりますので、無視しても良くなるわけです。

この調子でいくつかフィルタを設定しておくと、ほぼ全ての迷惑メールが届いた瞬間に既読になっているという状態に持っていけます。
後は迷惑メールフォルダに未読がある場合にだけチェックしにいけば良いのです。
迷惑メールなどまるで存在していないかのような状態でメールチェックできるようになります。
快適なメールライフを楽しみましょう!

まあ本来はスパムを送ることが出来ないようにメールの仕組みを根本的に変えるべきだと思うんですがね。
新しい規格が世界的に承認されない事には状況は変わりませんね。
LINEなどがデファクトスタンダードを取ることになるのでしょうか?




なお、ここで行った設定は、後で見直すことが出来ます。
f:id:FukuzawaTadashi:20130801184900p:plain
右上の「設定」ボタンから、「設定」メニューを開きます。
f:id:FukuzawaTadashi:20130801184901p:plain
フィルタ」タブをクリックすれば、設定したフィルタの一覧が出てきますので、編集するなり削除するなり出来ます。